DIGITAL 3-D CINEMA


DIGITAL 3-D CINEMAとは

劇場でしか体験できない、初めての驚き。

サイレントから、トーキーへ。モノクロからカラーへ。そして、今までに無かった驚きの体験、デジタル3Dへ!
「映画を見ている」のではなく、「映画の中に自分が入っている」ような体験をあなたの目で確かめよう。

従来の3Dとデジタル3Dの違い

従来の3D映画は、赤と青のメガネをかけて見る映画が主流でした。
しかし、この方式だと色の再現性が大きく損なわれ、目や頭が疲れやすいという欠点があると言われていました。
デジタル3Dでは、フィルム映写機では無くデジタルプロジェクターを用いて左目・右目のデータを1フレームにつき各3回(合計6回)を投影します。通常、映画は1秒間24フレームですが、デジタル3Dでは1秒間になんと合計144フレームでスクリーンに投影されます。
これにより、実写、アニメ作品共に従来のフィルム映写機ではなしえなかった今までに経験した事が無い驚くほど鮮明な3D映像を、専用のメガネをかけるだけでご覧いただく事が出来ます。
このような最新の3D上映システムが全国のイオンシネマに導入されています。

専用の設備

デジタル3Dを上映する劇場は、劇場内のスクリーンを従来のホワイトスクリーンからデジタル3D専用のシルバースクリーンに張り替え、プロジェクターには専用レンズ(Z-Screenレンズ)を設置します。
専用3Dメガネは、通常のメガネの上からも装着が可能です。

現在アメリカをはじめ、世界各国でこのデジタル3Dを導入する映画館が急激に増えています。
「シュレック」の製作でお馴染みのドリームワークス アニメーション社は2009年以降のドリームワークスのアニメ作品については全て3Dで製作・公開すると発表し、さらに、ジェームス・キャメロン監督は「タイタニック」以来の「アバター」(2009年公開)では3Dによって製作。全世界興行収入で、『タイタニック』が持っていた全世界歴代興行収入記録を自ら抜き、新記録を達成しました。この大ヒットにより、一気にデジタル3Dシネマが一般化しました。
このような最新の映像テクノロジーをあなたのお近くのイオンシネマで是非体験して下さい!

イオンシネマの3Dメガネは、軽い・選べる・清潔 だからイイ!


デジタル3-D導入劇場

北海道・東北
北海道小樽江別北見釧路
青森県弘前) / 秋田県大曲) / 岩手県北上
宮城県石巻名取) / 山形県天童米沢三川) / 福島県福島
関東
群馬県太田高崎) / 茨城県守谷下妻
埼玉県春日部浦和美園大井熊谷大宮羽生越谷レイクタウン
千葉県市川妙典幕張新都心ユーカリが丘千葉ニュータウン銚子
東京都板橋多摩センターむさし村山日の出
神奈川県新百合ヶ丘港北ニュータウン海老名みなとみらい茅ヶ崎つきみ野
北越
新潟県県央新潟西新潟南) / 石川県金沢御経塚金沢フォーラス
東海・近畿
岐阜県各務原) /静岡県富士宮) / 愛知県豊川大高名古屋茶屋ワンダー岡崎
大阪府りんくう泉南茨木大日) / 兵庫県明石三田ウッディタウン加古川
和歌山県和歌山)/ 京都府高の原久御山)/ 奈良県西大和
滋賀県近江八幡草津)/三重県桑名東員鈴鹿
中国・四国
広島県広島) / 山口県防府
香川県高松東綾川
九州
福岡県大野城戸畑福岡筑紫野
佐賀県佐賀大和)/熊本県熊本

鑑賞料金

オトクな料金で、3Dの臨場感が楽しめる!

各サービスデイにも対応!たとえば・・・
ハッピーファースト   1,100円 + 300円 + 100円 = 1,500円 ※1
  • ※1 3D専用メガネをご持参いただかなかった場合の3D専用メガネ代(100円)が含まれた料金です。お持ち帰りになった3D専用メガネをご持参いただいた場合には、3D専用メガネ代は頂戴いたしません。
  • ※ 3D専用メガネ代(100円)は、現金のみのお取扱いとなります。
  • ※ 上映作品により鑑賞料金が異なりますのでご注意ください。

イベント&サービス案内トップに戻る


  • 前のページに戻る
  • ページの先頭に戻る