『沈黙 -サイレンス-』 1/21(土)より公開中

沈黙

遠藤周作の小説「沈黙」を、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などの巨匠マーティン・スコセッシが映画化した歴史ドラマ。17世紀、キリシタン弾圧の嵐が吹き荒れる江戸時代初期の日本を舞台に、来日した宣教師の衝撃の体験を描き出す。『アメイジング・スパイダーマン』シリーズなどのアンドリュー・ガーフィールドをはじめ窪塚洋介や浅野忠信ら日米のキャストが共演。信仰を禁じられ、苦悩する人々の姿に胸が痛む。(PG12指定作品)

Photo Credit Kerry Brown


『スノーデン』 1/27(金)より公開中

スノーデン

名匠オリヴァー・ストーン監督が、アメリカ政府による国際的な個人情報監視の事実を暴き世界を震撼(しんかん)させた「スノーデン事件」の全貌に迫る人間ドラマ。CIAおよびNSA(アメリカ国家安全保障局)職員だったエドワード・スノーデン氏がキャリアや恋人との幸せな人生を捨て、重大な告発を決意するまでの過程を描く。スノーデン氏をジョセフ・ゴードン=レヴィット、その恋人をシャイリーン・ウッドリーが演じるほか、オスカー女優メリッサ・レオ、ザカリー・クイント、トム・ウィルキンソンらが脇を固める。(PG12指定作品)

(C) 2016 SACHA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.


『キセキ -あの日のソビト-』 1/28(土)より公開中

キセキ -あの日のソビト-

異色の4人組音楽グループGReeeeNの代表曲「キセキ」誕生秘話を映画化した青春ドラマ。GReeeeNのプロデュースを手掛けてきたJINとその弟であるリーダーHIDEの青春期のエピソードを基に、兄弟が家族や仲間との衝突を経験しながら、音楽を志し突き進む姿を描く。JINとHIDEには、『ピース オブ ケイク』などで幾度も共演している松坂桃李と菅田将暉。『そして父になる』などの助監督を務めた兼重淳がメガホンを取り、脚本を『黄泉がえり』などの斉藤ひろしが担当する。

(C) 2017年「キセキ -あの日のソビト-」製作委員会


『傷だらけの悪魔』 2/4(土)より公開中

傷だらけの悪魔

コミック&ノベルサービス「comico」で連載中の澄川ボルボックスによる原作を実写映画化した学園サバイバルドラマ。田舎の学校に転校した主人公が、かつて自分がいじめていた少女と再会したことから立場が逆転、彼女をターゲットにしたリベンジ劇が繰り広げられる。出演は、『劇場霊』などの足立梨花、『大人になった夏』などの江野沢愛美、『ら』などの加弥乃ら。監督は『全員、片想い/あさはんのゆげ』の山岸聖太。衝撃的な物語に挑むキャスト陣の熱演に息をのむ。

(C) 2017 KIZUAKU フィルムパートナーズ


『ドント・ブリーズ』 2/11(土)より公開中

ドント・ブリーズ

盲目の老人宅に強盗に入った若者たちが、反撃に遭う恐怖を描くスリラー。リメイク版『死霊のはらわた』などのフェデ・アルバレス監督がメガホンを取り、オリジナル版のサム・ライミ監督と、ライミ監督とタッグを組んできたロブ・タパートがプロデュースを手掛けた。目は見えなくとも研ぎ澄まされた聴覚を持つ老人に『アバター』などのスティーヴン・ラングがふんし、リメイク版『死霊のはらわた』などのジェーン・レヴィ、『プリズナーズ』などのディラン・ミネットらが共演する。(PG12指定作品)


『愚行録』 2/18(土)より公開中

愚行録

「乱反射」「後悔と真実の色」などで知られる人気小説家、貫井徳郎の直木賞候補作を実写化したミステリー。未解決の一家殺人事件を取材する雑誌記者が、その思わぬ真相にたどり着く姿を追う。メガホンを取るのは、短編を中心に手掛けてきた石川慶。『悪人』で共演した妻夫木聡と満島ひかり、『十字架』などの小出恵介、『ランブリングハート』などの臼田あさ美らが顔をそろえる。羨望、嫉妬、駆け引きといった人間を深く見つめた物語に引き込まれる。

(C) 2017『愚行録』製作委員会


『劇場版 列車大行進 ~日本を駆ける列車たち~』 2/18(土)より公開中

列車大行進

鉄道ファンに根強い人気のDVDシリーズ「日本列島 列車大行進」の劇場版。新幹線や貨物列車など、八つのカテゴリーに分けて、列車の魅力を紹介する。ナレーションを「ルパン三世」シリーズの峰不二子の声などを担当してきた声優の沢城みゆきが担当。全国各地の新旧さまざまなデザインの列車が、ダイナミックな映像や音声で映し出される内容に魅了される。

(C) 2017 VICOM INC.


『セル』 2/25(土)より公開

セル

数々の傑作で知られる巨匠スティーヴン・キングの原作を、キング自ら脚本を手掛けて映画化。携帯電話を使用していた人々が突如暴徒化し街中が大混乱に陥る中、主人公たちが生き抜こうとする姿が描かれる。監督は、『パラノーマル・アクティビティ2』などのトッド・ウィリアムズ。『ハイ・フィデリティ』などのジョン・キューザック、ジョンと『1408号室』で共演しているサミュエル・L・ジャクソン、『エスター』などのイザベル・ファーマンらが出演している。(PG12指定作品)

(C) 2014 CELL Film Holdings, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


『WE ARE X』 3/3(金)より公開

WE ARE X

日本を代表するバンド「X JAPAN」を追ったドキュメンタリー。

(C) 2016 PASSION PICTURES LTD.


『ハードコア』 4/1(土)より公開

ハードコア

トロント国際映画祭で上映されて反響を呼んだ、異色のアクション。大事故で損傷した肉体にマシンを組み込まれたことで超人的能力を得た男が、妻をさらった悪の組織に立ち向かう。監督はロシア出身の俊英、イリヤ・ナイシュラー。『マレフィセント』などのシャールト・コプリー、『イコライザー』などのヘイリー・ベネット、『ロブ・ロイ/ロマンに生きた男』などのティム・ロスらが出演する。主人公の視点のみの完全一人称で映し出されるビジュアルや、壮絶なシーンの数々に息をのむ。(R15+指定作品)

(C) 2016 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.