2018年4月20日(金)4DX3D吹替版公開決定!
「レディ・プレイヤー1」


【チェック】
スティーヴン・スピルバーグがアーネスト・クラインの小説を映画化した、仮想ネットワークシステムの謎を探る高校生の活躍を描くSFアドベンチャー。2045年を舞台に、仮想ネットワークシステム「オアシス」開発者の遺産争奪戦を描く。主人公を『MUD マッド』『グランド・ジョー』などのタイ・シェリダンが演じる。

(C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

詳細はこちら

2018年4月27日(金)4DX3D吹替版上映決定!
「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」


【チェック】
アベンジャーズなどのヒーローが結集し、強敵サノスとの戦いを繰り広げるアクション大作。サノスの侵攻に、アベンジャーズのほかスパイダーマン、ドクター・ストレンジ、ブラックパンサー、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーらが力を合わせて立ち向かう姿を描く。アイアンマン役のロバート・ダウニー・Jrをはじめクリス・エヴァンスやベネディクト・カンバーバッチ、トム・ホランドらが出演。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』などのアンソニー・ルッソとジョー・ルッソがメガホンを取る。

(C) 2017 MARVEL

詳細はこちら

2018年5月12日(土)4DX版期間限定上映決定!
「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)」


【チェック】
中島敦や太宰治といった文豪が特殊な能力を持つという設定のコミックを原作にしたアニメの劇場版。架空の都市を舞台に、自身の能力を知った青年がとある探偵社の一員となり、自らを狙う者たちとの攻防を繰り広げる。コミック原作の朝霧カフカと作画の春河35の協力のもと、アニメ版同様アニメーション制作のボンズ、監督の五十嵐卓哉、ボイスキャストの上村祐翔、宮野真守らが続投している。

【ストーリー】
架空の都市、ヨコハマ。施設を追い出された青年の中島敦は、自殺嗜好のある太宰治と出会う。その後敦は、うわさの人食い虎退治を手伝う過程で、自身の異能を知ることになる。太宰はそんな敦を、軍や警察も踏み込めない事件を解決する武装探偵社に誘う。一方、港を縄張りとするポートマフィアの芥川龍之介が、敦を執拗(しつよう)に追い詰めていき……。

(C) 2018 朝霧カフカ・春河35 / KADOKAWA/文豪ストレイドッグスDA製作委員会

詳細はこちら

2018年5月18日(金)4DX版上映決定!
「ランペイジ 巨獣大乱闘」


【チェック】
ザ・ロックことドウェイン・ジョンソンを主演に迎え、1986年に発売されたアーケードゲームを実写映画化したパニックアクション。巨大化した動物たちが、大都会で暴れ回り街を破壊していくさまを描く。『ムーンライト』などのナオミ・ハリス、『ウォッチメン』などのマリン・アッカーマン、『女神の見えざる手』などのジェイク・レイシーらが共演。『カリフォルニア・ダウン』でもドウェインと組んだブラッド・ペイトンがメガホンを取った。

【ストーリー】
ある遺伝子実験の失敗からゴリラやオオカミなどの動物が巨大化し、所構わず暴れだす。動物たちは、破壊活動を続けながら北米大陸を横断し、高層ビルが林立する街で大乱闘を繰り広げる。人々が逃げ惑う中、軍隊が出動し銃やミサイルで攻撃するが巨獣たちの暴走を抑えることはできず……。

(C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

詳細はこちら

2018年5月19日(土)4DX版上映決定!
「仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最期ノ審判」


【チェック】
1974年から1975年にかけて放映された「仮面ライダーアマゾン」のリブート作で、2016年よりネットムービーとして配信された特撮アクションの劇場版。シーズン2の後日譚(たん)という設定のもと、人工生命体アマゾンをめぐる陰謀や、対照的な2人の主人公、水澤悠と鷹山仁の最終決戦が描かれる。出演は藤田富、谷口賢志、武田玲奈、東亜優ら。監督は本シリーズをはじめ、数々のライダー作品に携わってきた石田秀範が務める。

劇場版「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会 (C) 石森プロ・東映

詳細はこちら