「カメラを止めるな!」 8/24(金)より公開!


【ストーリー】
人里離れた山の中で、自主映画の撮影クルーがゾンビ映画の撮影を行っている。リアリティーを求める監督の要求はエスカレートし、なかなかOKの声はかからず、テイク数は42を数えていた。その時、彼らは本物のゾンビの襲撃を受け、大興奮した監督がカメラを回し続ける一方、撮影クルーは次々とゾンビ化していき……。

(C) ENBUゼミナール

詳細はこちら

「ウインド・リバー」 8/31(金)より公開!


三重県内の映画館では東員のみ上映いたします。

【ストーリー】
アメリカ、ワイオミング州。先住民族が住む深い雪に囲まれたウインド・リバーで、地元のベテランハンターであるコリー・ランバート(ジェレミー・レナー)が女性の遺体を発見する。FBIの新人捜査官ジェーン・バナー(エリザベス・オルセン)が派遣され、1人で捜査を開始するが雪山の厳しい自然環境や不安定な気候で難航する。ジェーンは、ウインド・リバー一帯に詳しいランバートの手を借りて調べを進めていく。

(C) 2016 WIND RIVER PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

詳細はこちら

「泣き虫しょったんの奇跡」 9/7(金)より公開!


三重県内のイオンシネマでは東員のみ上映いたします。

【ストーリー】
幼少期より将棋一筋で生きてきた“しょったん”こと瀬川晶司(松田龍平)は、プロ棋士の登竜門である新進棋士奨励会に入会する。しかし、「26歳の誕生日までに四段昇格」という規定への重圧から勝てなくなり、年齢制限により退会する。途方もない絶望と挫折感を味わう晶司だったが、親友の鈴木悠野(野田洋次郎)や家族など周囲の人々に支えられ、夢をかなえるため再び立ちあがる。

(C) 2018『泣き虫しょったんの奇跡』製作委員会 (C) 瀬川晶司/講談社

詳細はこちら

「パパはわるものチャンピオン」 9/21(金)より公開!


三重県内の映画館では東員のみ上映いたします。

【ストーリー】
以前は人気レスラーだった大村孝志(棚橋弘至)は、現在は悪役覆面レスラー、ゴキブリマスクとしてリングに上がっていた。ある日、息子の祥太(寺田心)がゴキブリマスクの正体が孝志であることを知り、ショックを受ける。祥太は大好きな父が嫌われ者の悪役だとはクラスメートに言えず、パパは人気レスラーだとうそをつく。

(C) 2018「パパはわるものチャンピオン」製作委員会