作品案内シアタス調布:イオンシネマ作品案内

ゴッホ 最期の手紙

上映中
作品イメージ
  • 前売券情報
  • 予告編を見る
  • ※YouTubeで予告編を
    ご覧いただけます。
  • 公式サイト

    (C) Loving Vincent Sp. z o.o / Loving Vincent ltd.

    ゴッホ 最期の手紙 上映スケジュールを確認

    【ストーリー】

    ある日、郵便配達員ジョゼフ・ルーラン(クリス・オダウド)の息子アルマン(ダグラス・ブース)に、パリへ送付する1通の手紙が委ねられる。その手紙は父の友人であり、自ら死を選んだ画家ゴッホが弟のテオに宛てたものだった。ところがテオの居所を探しているうちに、彼がすでにこの世にいないことが判明する。


    「ひまわり」などの名画で知られるフィンセント・ファン・ゴッホの謎に包まれた最期を、油絵のテイストで描いたサスペンス。自殺したとされる画家が弟に宛てた最後の手紙を託された主人公が、その責務を果たそうと奔走するうちにゴッホの死の真相に迫る姿を描く。主演を『ジュピター』などのダグラス・ブースが務め、『ブルックリン』などのシアーシャ・ローナンらが共演。油絵が実際に動いているかのように見える映像に注目。

    【公開日】 2017年11月3日
    【英題】 LOVING VINCENT
    【製作年】 2017年
    【製作国】 イギリス/ポーランド
    【上映時間】 96分
    【協賛】 ターレンスジャパン
    【協力】 TOKYO FM / ファン・ゴッホ美術館
    【後援】 オランダ王国大使館 / オランダ政府観光局
    【製作】 ブレイクスルー・フィルムズ / トレードマーク・フィルムズ / シルバーリール・エンターテインメント
    【提供】 パルコ / NHKエンタープライズ / カルタクリエイティブ
    【配給】 パルコ
    【監督・脚本・編集】 ドロタ・コビエラ
    【監督・脚本・プロデューサー】 ヒュー・ウェルチマン
    【プロデューサー】 ショーン・ボビット / イヴァン・マクタガート
    【撮影監督】 トリスタン・オリヴァー / ウカシュ・ジャル
    【衣装】 ドロタ・ロクエプロ
    【編集】 ユスチナ・ヴィアージンスカ
    【絵画責任者】 ピョートル・ドミナク
    【視覚効果責任者】 ウカシュ・マツキェヴィッチュ
    【制作責任者】 トメク・ウォツニアク
    【音楽】 クリント・マンセル
    【出演】 ダグラス・ブース
    ロベルト・グラチーク
    エレノア・トムリンソン
    ジェローム・フリン
    シアーシャ・ローナン
    クリス・オダウド
    ジョン・セッションズ
    エイダン・ターナー
    ヘレン・マックロリー
    ピョートル・パムワ
    (日本語吹き替え)
    山田孝之
    イッセー尾形
    冬馬由美
    村治学
    伊藤かな恵
    三宅健太
    鈴木清信
    丸山壮史
    幸田直子
    落合福嗣
    この作品案内をみんなと共有しよう!

    ゴッホ 最期の手紙 上映スケジュールを確認

    その他の作品を見る

    その他の作品を見る

    このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>

    • 前のページへ戻る
    • このページの先頭へ

    ページの先頭へ
    ※価格は全て税込になります。