「渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保」
短編2作品 無料上映

無料鑑賞券プレゼントキャンペーン

 

「渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保」とは・・・


この映画祭は、世界70余の国と地域から毎年500を超える優秀な短編映画が集まりFirst Selectの40作品余りを渋谷で12月に一挙上映〜舞台挨拶。その後2月に、長崎県佐世保市で最高賞のゴールデンバーガー賞・長崎県知事賞などを決するコンペティションを行っています。

今年で6回目ですがカンヌ国際映画祭短編部門パルムドール受賞監督のダリア・カチュシャーバさん(チェコ)からの応募もあるなど世界的な知名度も少しずつ上がっています。

その他、映画祭としては世界初?!今年3/20に佐世保で監督・俳優を地元小中学生がエスコートしてレッドカーペットを歩くエスコートキッズセレモニーを開催!

次は12/22にあの渋谷センター街でも開催します。サッカーでお馴染みのエスコートキッズを渋谷と佐世保から映画祭の世界スタンダートとなるよう発信していきます。

この映画祭は、短編映画で「街づくりと人材育成」を目的としている映画祭です。


 

▶公式サイトはコチラ


バーチャルシネマでは現在「渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保」の作品を17作品上映中! ▶ラインナップはコチラ

                                                                                          

バーチャルシネマのロビーで上映中の無料短編2作品を
ご覧いただいた方の中から、毎日抽選で1名様に
短編映画の無料鑑賞券が最大2枚当たる!

キャンペーン期間
7月22日(金)~ 10月31日(月)
キャンペーン内容・応募方法
対象期間:10月31日(月)まで

バーチャルシネマロビーで「Wケータイナオキの事情」「むしろピンクが素晴らしい」各作品鑑賞後、画面に表示されるキーワードをチャットして応募。
応募者の中から毎日抽選で1名に対象10作品の内お好きな1本をご鑑賞できる無料鑑賞券をプレゼント。
「Wケータイナオキの事情」のキーワードで当選・・・1枚
「むしろピンクが素晴らしい」のキーワードで当選・・・2枚

▶キャンペーン対象作品はこちら!
バーチャルシネマロビースクリーンでの無料上映作品
①「Wケータイ・ナオキの事情」(18分)
②「むしろピンクが素晴らしい」(25分)
鑑賞方法
①会員登録(無料)▶会員登録はコチラ
②アプリダウンロード(無料)▶アプリダウンロードはコチラ
③アプリ内、ロビーにある動画モニターで上映
注意事項
※バーチャルシネマのアプリはスマートフォン(Android)、パソコン(Windows、Mac)が対応となります。▶対応デバイスの詳細はコチラ
※iOSは現在未対応。今夏リリース予定。
※キャンペーンへの応募にはバーチャルシネマの会員登録が必要です。
※キーワードチャット時点で応募完了。(画面に完了通知などは表示されません)
※当選の通知は賞品(鑑賞コード)のお知らせの発送をもって代えさせていただきます。
※ご応募時に収集するお客さまの個人情報(メールアドレス)は、抽選および当選者への賞品(鑑賞コード)のお知らせに利用いたします。

                                                                                          

無料上映作品紹介

「Wケータイ・ナオキの事情」
[上映時間]18分

【ストーリー】
飲料メーカーの営業マンが拾ったのは、
自分の物と「機種」「色」「汚れ具合」が全く同じ携帯電話。
「どっちが俺の?」と思ったその時、着信あり!
「あんた誰?人の携帯パクってんじゃないわよ!」
電話の持ち主の女性の怒鳴り声だった。

携帯を拾ったのは鎌倉駅。
持ち主が居るのはなんと東京駅!
「見せらんない写真入ってるから絶対見んなよ!」

なぜ東京駅に居る人の携帯を鎌倉で拾ったのか?
「見せらんない写真」ってなんだ?
そしてなんで怒ってんの?
それは、二人の深~い愛の物語なのでした。


[監督]三吉優也
[出演]原嶋元久、池田愛、森山るり、松浦倫子、福井俊哉、三又又三



「むしろピンクが素晴らしい」
[上映時間]25分

【ストーリー】
23歳の2人。
翔太は、渋谷在住の就職浪人。
拓海は、佐世保在住で職場に辞表を出そうとしている。
遠く離れた街に暮らす面識もない2人。

24年前に撮られたインスタントカメラには2人が生まれる1年前の世界が映っていた。
その写真に導かれ2人が見つけたものとは。


[監督]四季涼
[出演]朝倉滉生 淡梨 藤田早希 櫻井美代子 入江崇史 ほか