名画新吹き替えシリーズ N.E.M.〈全7作品一挙上映開始〉
11月12日(金)上映開始
※チケットは各上映の24時間前より販売開始いたします。

「ローマの休日」(1953年)
上映時間  119分

ヨーロッパを周遊中の某小国の王女アンは、常に侍従がつきまとう生活に嫌気が差し、滞在中のローマで大使館を脱出。偶然出会ったアメリカ人新聞記者ジョーとたった1日のラブストーリーを繰り広げる。

【吹き替えキャスト】
ジョー役 堀内賢雄

アン王女役 南條愛乃

アーヴィング役 高木渉

チケット購入ページはこちら

「第三の男」(1949年)
上映時間  106分

第2次大戦終戦直後、米英仏ソの四カ国による分割統治下にあったウィーンに親友ハリー・ライムを訪ねてきたアメリカ人作家のホリー。だが、ハリーの家に着くと守衛からハリーは交通事故で死亡したと告げられる。腑に落ちないホリーはウィーン中の関係者をあたり、真相究明に奔走するが……。

【吹き替えキャスト】
ホリー・マーチンス役 平田広明

アンナ・シュミット役 本田貴子

第三の男ハリー・ライム役 鈴村健一

チケット購入ページはこちら

「シェーン」(1953年)
上映時間  119分

主演アラン・ラッド、敵役ジャック・パランスで贈るドラマチックな西部劇。南北戦争後の西部。厳しい大自然と、土着の悪徳牧場主ライカーとの諍いに苦しむ開拓者ジョーの一家のもとに現れた一人の流れ者。拳銃を身につけ、柔らかな物腰の中に、時折暗い影を見せる、シェーンと名乗るその男を初めは警戒していたジョーの妻マリアンも、シェーンに憧れる息子ジョーイが懐く姿をみて心を許していく。銃を置き、一家に身を寄せ、ジョーの仲間の開拓者たちとも友情を結んでいくシェーンだったが、昔からの利権を譲らないライカーの暴力は次第にエスカレートし、開拓者の一人が殺し屋に葬られる。ライカーとの話し合いに向かうジョーを制止したシェーンは、ただ一人、ライカー一味が待ちかまえる最後の闘いに臨む……。

【吹き替えキャスト】
シェーン役 津田健次郎

ジョー・スターレット役 森久保祥太郎

ルーフ・ライカー役 石井康嗣

チケット購入ページはこちら

「禁じられた遊び」(1952年)
上映時間  88分

第2次世界大戦中のフランス。ドイツ軍によるパリ侵攻から逃れる途中、爆撃により両親と愛犬を亡くした5歳の少女ポーレットは、ひとりさまよううちに11歳の農民の少年ミシェルと出会う。ミシェルから死んだものは土に埋め、お墓を作ることを教わったポーレットは、子犬を埋め、十字架を供える。これをきっかけに、お墓を作って十字架を供える遊びに夢中になった2人は、教会や霊柩車からも十字架を持ち出してしまうが……。

【吹き替えキャスト】

ポーレット役 戸松遥

ミシェル・ドレ役 小松未可子

ジョセフ・ドレ役 稲田徹

ジョルジュ・ドレ役 野津山幸宏

チケット購入ページはこちら

「百万長者と結婚する方法」(1953年)
上映時間  98分

気の強いシャッツィ、強度の近眼のポーラ、うっかり者のロコら3人のモデルは、大金持ちの男を射止めることを目的に、ニューヨークの高級アパートでルームシェア生活を始める。シャッツィは偶然知り合った男トムに誘われるが、みすぼらしい身なりの彼を失笑し相手にしない。ある日、大金持ちが集まるパーティに招待された3人は、それぞれ知り合った男と結婚にこぎ着けるべく奮闘するが……。

【吹き替えキャスト】

シャッツィ・ペイジ役 大谷育江

ポーラ・デベヴォア役 Lynn

ロコ・デンプシー役 ファイルーズあい

トム・ブルックマン役 落合福嗣

チケット購入ページはこちら

「レベッカ」(1940年)
上映時間  131分

南仏のリゾート、モンテカルロにやってきたヒロインの“わたし”は、イギリス人の富豪マキシム・ド・ウィンターと出会い、結婚する。イギリスにもどったマキシムと、広大な邸宅で新たな生活を始めた“わたし”だったが、マキシムには1年前に亡くなった前妻レベッカの存在があった。邸宅を仕切る家政婦のダンヴァース夫人は、いまだレベッカを崇拝し、上流階級に溶け込もうとする“わたし”は、精神的に追い詰められていく。やがて事態は思わぬ方向へ転がっていき、レベッカの死因を改めて調べられることになるのだが……。

【吹き替えキャスト】

わたし役 早見沙織

マキシム役 三木眞一郎

ダンヴァース婦人役 宮村優子

チケット購入ページはこちら

「カサブランカ」(1942年)
上映時間  105分

1941年12月、親ドイツのヴィシー政権の管理下に置かれたフランス領モロッコの都市カサブランカ。ドイツの侵略によるヨーロッパの戦災を逃れた人の群れは、中立国のポルトガル経由でアメリカへの亡命を図ろうとしていた。アメリカ人男性のリック(ハンフリー・ボガート)は、パリが陥落する前に理由を告げずに去った恋人イルザ・ラント(イングリッド・バーグマン)と、彼が経営する酒場「カフェ・アメリカン」で偶然の再会を果たす。

【吹き替えキャスト】

リック役 池田秀一

イルザ役 潘恵子

ラズロ役 古谷徹

チケット購入ページはこちら