『仮面ライダークウガ』20周年・後夜祭「裏方」

あれから20年!ヒーロー番組に変革をもたらした『仮面ライダークウガ』は、いかにして作られたのか?
本作の企画や撮影に関わったスタッフが当時の秘話を語る3時間のトークイベントに集結せよ!

2000年の放送から今年で20周年を迎えた「平成仮面ライダーシリーズ」の第1作『仮面ライダークウガ』。
それまでのヒーロー番組にはなかったリアルな表現や、ドラマとアクションとの融合を目指した取り組みによって新たな地平を切り拓き、多くの人々の支持を得ることとなりました。
現在、東映特撮YouTubeチャンネルでも毎週、記念配信されていますが、1週間で20,000再生を超える視聴があり、未だ衰えぬ人気を感じさせます。
当時の直撃世代が社会人となった今、『クウガ』がどのようにして作られたのかをスタッフが改めて語ることで、同作への理解や思いをより深めて貰えればと考え、以下のようなトークイベントを開催致します!


『仮面ライダークウガ』20周年・後夜祭「裏方」

■日時
2021年2月13日(土)15:00~18:00(終了予定)
イオンシネマ シアタス調布 Screen05

■料金
4,000円(税込)ワンドリンク付

■チケット販売
【WEB販売】2021年1月23日(土)0:00~
【劇場窓口】2021年1月23日(土)劇場OPEN(8:00)~

【WEB販売ページはこちら】

■内容
ゲストによるトークセッションと質疑応答

■ゲスト
荒川稔久(脚本家)
渡辺勝也(監督)
野中剛(デザイナー)
杉山敦夫(元ADKプロデューサー)
髙寺成紀(元東映プロデューサー)
たなかえり(司会 笹山望見役)

※出演者の予定は変更になることもございますので、予めご了承ください。

※会場では『仮面ライダークウガ』Blu-ray-BOXの特別販売や、最新クウガグッズの先行販売も実施します!

【詳細はこちら】


■注意事項

※ご来場の際は、マスクの着用・咳エチケットをはじめとする新型コロナウイルス感染症予防対策へのご協力をお願いいたします。ご協力いただけない場合には、ご鑑賞をお断りさせていただく場合がございます。

※新型コロナウイルス感染拡大のリスクを低減する観点から、お静かに着席でのご鑑賞にご協力ください。

※全席指定となります。チケットをお持ちでない方はご覧になれません。

※転売・転用目的の購入は固くお断り致します。

※場内でのカメラ(携帯カメラを含む)、ビデオによる撮影・録音等は固くお断りいたします。

※お電話でのご予約は承っておりません。



主催・東映ビデオ
企画・角川大映スタジオ
後援・映画のまち調布 シネマフェスティバル実行委員会
協力・調布市、調布FM


(C)東映、石森プロ