1周年企画 ヴィヴ・オーディオワンコイン上映祭開催!


1周年の感謝を込めて珠玉の名作が再びヴィヴオーディオスクリーンに登場!
こちらの作品はすべて500円でご鑑賞いただけます。

11/30(金)~12/6(木)「この世界の片隅に」
★ヴィヴ・オーディオ5.1ch~片渕監督監修ver~


昭和20年、広島・呉。わたしは ここで 生きている。

18歳のすずさんに、突然縁談がもちあがる。
良いも悪いも決められないまま話は進み、1944(昭和19)年2月、すずさんは呉へとお嫁にやって来る。
夫の両親は優しく、義姉の径子は厳しく、その娘の晴美はおっとりしてかわいらしい。隣保班の知多さん、刈谷さん、堂本さんも個性的だ。配給物資がだんだん減っていく中でも、すずさんは工夫を凝らして食卓をにぎわせ、衣服を作り直し、時には好きな絵を描き、毎日のくらしを積み重ねていくが・・・。

「長い道」「夕凪の街 桜の国」などで知られる、こうの史代のコミックをアニメ化したドラマ。戦時中の広島県呉市を舞台に、ある一家に嫁いだ少女が戦禍の激しくなる中で懸命に生きていこうとする姿を追い掛ける。監督にテレビアニメ「BLACK LAGOON」シリーズや『マイマイ新子と千年の魔法』などの片渕須直、アニメーション制作にテレビアニメ「坂道のアポロン」や「てーきゅう」シリーズなどのMAPPAが担当。市井の生活を壊していく戦争の恐ろしさを痛感する。

(C) こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会