ジャニー喜多川 製作総指揮作品
「映画 少年たち」追悼上映決定のお知らせ

少年たち

(C) 映画「少年たち」製作委員会


『映画少年たち』で製作総指揮を務めたジャニーズ事務所社長、ジャニー喜多川氏が、2019年7月9日にくも膜下出血のため、永眠されました。深い感謝と共に心からご冥福をお祈りいたします。

この突然の逝去に、全国のファンから「ジャニーさんの思いの詰まった映画をもう一度観たい」、「ジャニーさんの最後のメッセージをもう一度感じたい」など、映画館での再上映を望む声が数多く寄せられました。

それを受けまして、この度8月16日(金)より2週間限定で当劇場にて追悼上映を行うことを決定いたしました。ジャニー喜多川氏の初となる映画の製作総指揮であり、最後の、唯一の製作総指揮作品となった本作を通じ、氏のエンタテインメントにかける情熱とその愛情を継承してまいります。ご来場、ご高覧頂けましたら幸いです。

この度の追悼上映では、4月15日に丸の内ピカデリーで開催された「『映画少年たち』映画と実演アンコール上映」時の実演映像付での上映をいたします。

【実施期間と上映パターン】

8/16(金)~22(木)…本編(104分)+実演映像Aパターン(29分)[上映後]

8/23(金)~29(木)…実演映像Bパターン(28分)[上映前]+本編(104分)

【実演映像内容】

Aパターン…4/15(月)16:10の回映画と実演アンコール上映会ライブビューイング収録映像
上映後の実演では、本編でも歌われている楽曲と共に、少年忍者が登場。続いてHiHi Jets、美少年、さらにSixTONES、Snow Man、なにわ男子、室龍太、宮近海斗、7 MEN 侍と続き、最後には53名全員で「Tokyo Experience」、計18曲が披露された。そしてSixTONESがまさかの「Mr.Zudon」を披露し話題に!

Bパターン…4/15(月)19:15の回映画と実演アンコール上映会ライブビューイング収録映像上映前の実演では、曲を変えてグループごとにパフォーマンスを次々と披露。グループを越えたダンスバトルが繰り広げられる。全47都道府県155館のライブビューイング参加者に向けて、各グループが全国の地域に呼びかける場面も!そして、最後にはこの日の登壇者53名全員で披露された「君にこの歌を」で会場が一体に。計16曲の豪華なパフォーマンスが披露された。