作品案内

引っ越し大名!

この作品は上映終了しました

作品イメージ
  • 前売券情報
  • 予告編を見る
  • ※YouTubeで予告編を
    ご覧いただけます。
  • 公式サイト

      ⓒ2019「引っ越し大名!」製作委員会

      ※作品の上映スケジュールは各劇場によって異なります。 詳細については各劇場の上映スケジュールにてご確認下さい。

      【ストーリー】

      『超高速!参勤交代』シリーズの土橋章宏が原作・脚本を手掛け、『のぼうの城』などの犬童一心が監督を務める。生涯に7回もの国替え(引っ越し)を命じられた実在の大名・松平直矩(なおのり)をモデルに姫路藩の藩士たちの汗と努力と涙と笑いの物語を描く。主人公の書庫番で引っ越し奉行・片桐春之介を星野源が演じる。共演は高橋一生、高畑充希ら。姫路藩書庫番の片桐春之介(星野源)は、人と話すのが苦手で、いつも書庫にこもりっきりで本ばかり読み、周囲から「かたつむり」と呼ばれる引きこもり侍。あるとき、藩主の松平直矩は、江戸から国替えを言い渡される。これまでの度重なる国替えで藩の財政事情は苦しいというのに、減封まで言い渡された上、行先は遠く離れた豊後の日田。藩まるごとの引っ越しという、莫大な金額が必要な一大事業。これを成し遂げるには、引っ越し奉行の手腕にかかっている。しかし前任者はその激務が原因で亡くなっていた。お国最大の危機に、なぜか春之介に白羽の矢が立ってしまう。無理難題とも言える大役に怖気づく春之介だったが、幼馴染で武芸の達人・鷹村源右衛門(高橋一生)の説得もあり、嫌々ながらも引き受ける。そこで、前任の引っ越し奉行の娘である於蘭(高畑充希)に助けを借りに行く。最初は父親の死の原因を作った藩に恨みを持っていた於蘭だが、春之介の優しさと頼りなさが放っておけずに手を貸すことになる。こうして引っ越しの準備が始まった。与えられた期限は3か月。果たして春之介はこの一生一大の大仕事を知恵と工夫で無事に成し遂げ、国を救うことができるのか。


      【公開日】 2019年8月30日
      【上映時間】 120分
      【配給】 松竹
      【監督】 監督:犬童一心/原作・脚本:土橋章宏
      【出演】 星野源/高橋一生/高畑充希/及川光博/濱田岳/小澤征悦/西村まさ彦/松重豊/富田靖子/向井理 ほか
      この作品案内をみんなと共有しよう!

      ※作品の上映スケジュールは各劇場によって異なります。 詳細については各劇場の上映スケジュールにてご確認下さい。

      その他の作品を見る

      その他の作品を見る

      このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>

      • 前のページに戻る
      • ページの先頭に戻る