作品案内各務原:イオンシネマ作品案内

俺たちに明日はない

作品イメージ
  • 前売券情報
  • 予告編を見る
  • ※YouTubeで予告編を
    ご覧いただけます。
  • 公式サイト

    【ストーリー】

    20世紀初頭のアメリカ中西部に実在した銀行強盗犯クライド・バロウとボニー・パーカーをモデルにしたクライム映画。大恐慌時代の閉塞感を見事に活写しつつ、虚無的で刹那的な一組のカップルをめぐる青春ストーリーという側面ももつ。その冷徹で乾いた作風は、公開された1968年という時代の空気と相まって、観衆に強烈なインパクトを与えた。今日では、アメリカン・ニューシネマに先鞭をつけた作品として評価が高い。第40回アカデミー助演女優賞(エステル・パーソンズ)、撮影賞を受賞。 刑務所から出所してきたクライド(ベイティ)は、街で車を盗もうとするが、ボニー(ダナウェイ)に見つかってしまう。田舎町のしがないウエイトレスであるボニーは、平然と強盗を働くクライドに惹かれた。そしてふたりは、ともに街から街へと渡りつつ、強盗を繰り返すようになる。そしてガソリンスタンドの店員のモス、クライドの兄バック(ハックマン)とその妻ブランチも仲間に加わり、バロウズ・ギャングとして有名になっていった。彼らは厳重な捜査網をかいくぐりつつ、逃避行を続ける。


    【公開日】 1968年2月24日
    【上映時間】 115分
    【監督】 アーサー・ペン
    【出演】 ウォーレン・ベイティ/フェイ・ダナウェイ/ジーン・ハックマン
    この作品案内をみんなと共有しよう!

    その他の作品を見る

    その他の作品を見る

    このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>

    • 前のページへ戻る
    • このページの先頭へ

    ページの先頭へ
    ※価格は全て税込になります。