作品案内宇多津:イオンシネマ作品案内

隠し砦の三悪人

作品イメージ
  • 前売券情報
  • 予告編を見る
  • ※YouTubeで予告編を
    ご覧いただけます。
  • 公式サイト

    割引対象外

    【ストーリー】

    百姓の太平と又七は、褒賞を夢見て山名と秋月の戦いに参加したが、何も出来ないまま、秋月の城は落ち、山名の捕虜になって焼け落ちた秋月城で埋蔵金探しの苦役をさせられる。夜、捕虜たちが暴動を起こし、それに紛れて二人は脱走する。2人は谷で、薪の中から秋月の紋章が刻まれた金の延べ棒を発見する。そこに屈強な男が現れる。男は秋月家の侍大将・真壁六郎太で、落城後、大量の金を薪に仕込んで泉に隠し、秋月家の生き残り・雪姫、重臣らとともに、山中の隠し砦に身を潜めていた。秋月家再興のため、同盟国の早川領へ逃げ延びる方法を思案していた六郎太であったが、秋月領と早川領の国境は山名に固められている。しかし太平と又七が口にした、1度敵の山名領に入ってから早川領へ抜けるという脱出法を聞いてこれを実行に移すことと決める。六郎太について隠し砦に行った2人は、そこで女に出会う。六郎太はその女を「俺のものだ」と言うが、その女が雪姫だった。彼女の落とした櫛から姫だと目星をつけた又七は、恩賞欲しさに町へ出かけるが、姫は打ち首になったと聞く。しかし、それは雪姫の身代わりとなった妹の小冬だった。六郎太は、気性の激しい雪姫の正体を百姓2人にも隠し通すために唖(おし)に仕立て、太平と又七を連れて早川領を目指す。(wikipedia『あらすじ』より引用)


    【公開日】 1958年12月28日
    【上映時間】 139分
    【配給】 東宝
    【監督】 黒澤明
    【出演】 三船敏郎/千秋実/藤原釜足/藤田進/志村喬/上原美佐/三好栄子/樋口年子/藤木悠/笈川武夫/土屋嘉男/高堂国典/加藤武/三井弘次/小川虎之助/佐田豊/上田吉二郎/沢村いき雄/大村千吉/小杉義男/中島春雄/堺左千夫/谷晃/佐藤允/中丸忠雄/緒方燐作/熊谷二良/広瀬正一/西条康彦/日方一夫/千葉一郎/山口博哉 ほか
    この作品案内をみんなと共有しよう!

    その他の作品を見る


    • 前のページへ戻る
    • このページの先頭へ

    ページの先頭へ
    ※価格は全て税込になります。