Twitterキャンペーン実施中! 映画「ファーストラヴ」 Twitterキャンペーン実施中! フォロー&リツイートして豪華プレゼントを当てよう! (C)2021「ファーストラヴ」製作委員会 2021年2月11日(木・祝)イオンシネマにてロードショー 映画「ファーストラヴ」 Twitterキャンペーン実施中! フォロー&リツイートして豪華プレゼントを当てよう! (C)2021「ファーストラヴ」製作委員会 2021年2月11日(木・祝)イオンシネマにてロードショー

(C)2021「ファーストラヴ」製作委員会

映画「ファーストラヴ」 Twitterプレゼントキャンペーン 応募期間:1/15(金)〜2/21(日) プレゼント賞品はこちら  (C)2021「ファーストラヴ」製作委員会 ※写真はイメージです。賞品は変更になる場合がございます。

Twitterキャンペーン参加方法 Twitterキャンペーン参加方法

STEP1 「イオンシネマ」の公式アカウント@AEON_CINEMAをフォローしてください。 STEP2 「イオンシネマ」アカウントページのキャンペーン対象ツイートをリツイートしてください。 STEP1 「イオンシネマ」の公式アカウント@AEON_CINEMAをフォローしてください。 STEP2 「イオンシネマ」アカウントページのキャンペーン対象ツイートをリツイートしてください。
  • プレゼントの内容は一部変更となる場合がございます。
  • 本キャンペーンのご当選は、Twitterのダイレクトメッセージのご連絡をもってかえさせていただきます。
  • ご当選メールは、2021年3月12日(金)までにお送りさせていただく予定です。(諸事情により遅れる場合がございます。予めご了承ください。)
  • ご当選メール内の賞品送付先情報登録期間を過ぎてからのご連絡はお受けいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 当選権利の譲渡およびインターネットのオークションなどへの売買行為は禁止されています。
  • 賞品の発送は日本国内に限らせていただきます。
  • ご入力いただいたお客さまの個人情報は、賞品の発送に使用いたします。
  • キャンペーンのご当選に関するお問い合わせにつきましては、お答えできません。
  • 当社は個人情報を、承諾なく第三者に開示いたしません。ただし、本キャンペーンにかかる業務の一部を、賞品の発送の目的で、第三者に委託することがございます。

@AEON_CINRMAのアカウントはこちら

イントロダクション

映画「ファーストラヴ」 イメージ

主演:北川景子×監督:堤幸彦×原作:島本理生第159回直木賞受賞ベストセラーサスペンス、衝撃の完全映画化!「動機はそちらで見つけてください」アナウンサー志望の女子大生が父親を刺殺するという衝撃的な導入で始まる島本理生の小説『ファーストラヴ』。予測不能な結末と、タイトルの裏に隠された濃密なヒューマンドラマは2018年に発表されるや多くの話題を呼び、これまで恩田陸『蜜蜂と遠雷』や東野圭吾『容疑者Xの献身』など数々の映像化話題作が受賞してきた第159回直木賞を受賞。累計発行部数30万部を超えるベストセラーとなり、‟稀代の問題作“とも称された傑作サスペンス・ミステリーが日本映画界を代表するキャスト・スタッフで完全映画化。主演を務めるのは、人を惹きつける芝居と端麗な容姿で幅広い層から絶大な支持を誇り、テレビドラマ「家売るオンナ」シリーズや映画『スマホを落としただけなのに』の大ヒットも記憶に新しい北川景子。女子大生による動機なき殺人事件の真相に迫る、主人公の公認心理師(※)・真壁由紀(まかべ・ゆき)を演じる。さらに由紀の義理の弟で、由紀と共に、事件の真相に迫る敏腕弁護士・庵野迦葉(あんの・かしょう)に中村倫也。父親殺しの容疑者・聖山環菜(ひじりやま・かんな)には芳根京子。そして、由紀の夫であり、迦葉の兄・真壁我聞(まかべ・がもん)に窪塚洋介。人気・実力ともにトップクラスの俳優陣が迫真の演技をスクリーンに焼き付ける。監督は『十二人の死にたい子どもたち』をはじめ『TRICK』シリーズや『SPEC』シリーズなど数々のスタイリッシュなサスペンスで熱狂的なファンを生み出してきたヒットメーカー・堤幸彦。北川景子と初タッグを組む。さらに脚本は、「八日目の蝉」(NHK)や『彼女がその名を知らない鳥たち』の浅野妙子が手掛ける。<STORY>川沿いを血まみれで歩く女子大生が逮捕された。殺されたのは彼女の父親。「動機はそちらで見つけてください。」 容疑者・聖山環菜(ひじりやま・かんな)の挑発的な言葉が世間を騒がせていた。事件を取材する公認心理師・真壁由紀(まかべ・ゆき)は、夫・真壁我聞(まかべがもん)の弟で弁護士の庵野迦葉(あんのかしょう)とともに彼女の本当の動機を探るため、面会を重ねる--二転三転する供述に翻弄され、真実が歪められる中で、由紀は環菜にどこか過去の自分と似た「何か」を感じ始めていた。そして自分の過去を知る迦葉の存在と、環菜の過去に触れたことをきっかけに、由紀は心の奥底に隠したはずの「ある記憶」と向き合うことになるのだが…。なぜ、彼女は父を殺さなければならなかったのか?<ファーストラヴ>に隠された事件の真相に、あなたの<愛の記憶>も揺らぎ出す——

ストーリー

映画「ファーストラヴ」 イメージ

島本理生原作の同名小説を『イニシエーション・ラブ』、『十二人の死にたい子どもたち』などの堤幸彦監督がメガホンをとり、完全映画化。テレビドラマ「家売るオンナ」シリーズや、映画『スマホを落としただけなのに』の北川景子が主演を努め、女子大生による動機なき殺人事件の真相に迫る、主人公の公認心理師・真壁由紀を演じる。アナウンサー志望の女子大生・聖山環菜が面接試験を途中で放棄し、その足で向かった父親の勤務先で父親を刺殺した。「動機はそちらで見つけてください」 という彼女の挑発的な言葉は、マスコミを大いに賑わせた。彼女のドキュメンタリー本の執筆を依頼された公認心理師の真壁由紀(北川景子)は、二転三転する環菜の供述に翻弄されながらも、面会や手紙のやりとりを重ねていく。さらに彼女に関係する人々について調査していく中で、やがて由紀は環菜にどこか過去の自分と似たものを感じ始める。そして自身もまた、心の奥底にしまった<ある記憶>と向き合うことになるのだった…。

キャスト&スタッフ

出演:
北川景子/中村倫也/芳根京子/板尾創路/石田法嗣/清原翔/高岡早紀/木村佳乃/窪塚洋介
監督:
堤幸彦
原作:
島本理生『ファーストラヴ』(文春文庫刊)
主題歌・挿入歌:
Uru「ファーストラヴ」「無機質」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
配給:
KADOKAWA

映画「ファーストラヴ」 公式サイト

イベント&サービス案内トップに戻る


  • 前のページに戻る
  • ページの先頭に戻る