THE VOICE|special interview:「映画にかける思い」映画業界に関わる著名人の方々に、さまざまな角度やテーマで映画にまつわるお話をしていただきます。/VOICE102 俳優 高杉真宙 女優 関水渚

「自由に生きていいと思わせてくれる作品だなと思いました」(高杉)

―今回の『いつか、いつも‥‥‥いつまでも。』ですが、脚本の最初の印象はいかがでしたか?

いつか、いつも‥‥‥いつまでも。

高杉:

自由に生きていいと思わせてくれる作品だなと思いました。俊英くんも亜子ちゃんも、ふたりとも自由なのですが、どこかちゃんと後悔するし、繊細だから悩むし、止まっちゃうこともある。それがいいのかどうかわからないし、人生を良くするのも悪くするのも本人たち次第だと思いますが、それで死ぬわけでもないので人は自由でいい、という感じがしました。

関水:

自分の気持ちを素直に伝えられない、向き合えない若いふたりが、少しずつ自分にも向き合い、人に対しても心を開いていく。物語を通してふたりは生きやすくなっているなと思いました。最初の頃よりも、いい意味でふたりはゆるんでいく。それが客観的にみてよかったところでした。

―俊英と亜子、それぞれ自分と似ている、共感できる点はありましたか?

いつか、いつも‥‥‥いつまでも。

高杉:

頑固なところや、人付き合いにおいて不器用なところは、似ているところだと思います。それがべースにあったので、あとは亜子ちゃんに引っ張られる展開が多かったので、その俊英の人間性を見つけた後は、なすがままだったと思います(笑)。

関水:

亜子を通じて、自分に真っ直ぐに常に正直に生きていくことは、10代の頃は難しかったなと思いました。今でもそういう部分が出てしまうことがあるのですが、自分の気持ちを人に伝えたり発信したり、自分自身を受け入れること、認めてあげることが難しかったんです。それができなかったことは共感できますね。

本作が初共演。お互いの印象は……

―おふたりは初共演だったそうですが、共演の感想はいかがですか?

いつか、いつも‥‥‥いつまでも。

高杉:

共演は初めてでしたが、バラエティー番組のセットでお会いしたことはありました。僕は漫画の「町田くんの世界」がとても好きで、以前の映画化の際、誰が演じるのだろうと思っていたんです。その時に関水さんのお名前を知ったのですが、今回ご一緒することになり、あの時の関水さんだと思い出しました。

関水:

お芝居が上手でいつも活躍されていて、ストイックな方という印象がありました。穏やかな方でもあるだろうなとは思っていましたが、お芝居に関してはストイックだからあんまり邪魔しないようにしようと思いつつも、高杉さんはとても優しくて、穏やかでした。先輩ですが、撮影に入ってからも気を使ってくださり、趣味の話などをたくさんさせていただき、楽しく撮影をさせていただきました。

高杉:

リハーサルが今回はたくさんあり、その時にたくさん話せればいいなと思っていました。全シーンの8割くらいは一緒だったので、できるだけお話して相談できたらいいなと、そういう入り方でしたね。結果的には、共演者のみなさんと仲良くなれました。

「自由に感じるものを表現させていただきました」(関水)

―映画館で映画を観る時のこだわりについて教えてください。

いつか、いつも‥‥‥いつまでも。

高杉:

僕は必ずではないですが、ひとりで観に行きたいです。映画館はひとりで行くことが多いです。出た後の余韻を、自分ひとりで楽しみたいです(笑)。せっかく暗い中で作品だけを楽しめる時間なので、明るくなるまでの時間、暗くなり、始まるまでの間など、始まるなあというワクワク感を楽しみます。僕は舞台でもそうなのですが、そういう楽しみ方をするほうです。絶対ひとりじゃないと嫌だってわけではないですよ(笑)。

関水:

観る映画によって行く映画館を変えているところがあります。コメディーを観る時は大きなスクリーンで人がたくさん入る映画館に、それこそ友だちと観に行きたい、家族と観に行きたいなと思う。ちょっとシリアスだったり、社会問題を描いた映画だったら、映画マニアの人たちが来ていそうな、単館の映画館にちょっと行ってみようかなと思う。無意識のうちにそういうことはあるかも知れないです。

―最後に映画を楽しみに待っている方にメッセージをお願いいたします。

いつか、いつも‥‥‥いつまでも。

高杉:

タイトルのとおり、いつも‥‥‥いつまでも大事にされる作品になればいいなと思っております。いつか、みなさんが観る機会が訪れればいいなと思います。素敵な作品になっていると思います。出ているみんなが観ている人たちに愛される、そういう人たちしか出ていないので、この作品の一部として楽しんで観ていただければと思っております。

関水:

本当に自由に観て、感じていただければと思っております。というのも監督に演じている時に、「亜子が感じるままに演じてください」とずっと言っていただいていて、自由に感じるものを表現させていただきました。わたし自身、いろいろなことを感じましたし、だからといって共感できることばかりでもなく、リアルな描写もあると思います。みなさんそれぞれ何かを感じながら、自由に楽しんでほしいです。

Profile

高杉真宙 俳優 (主人公・市川俊英役)1996年生まれ、福岡県出身。2009年に舞台「エブリリトルシング‘09」で俳優活動をスタート。映画『カルテット!』(11:三村順一監督)で初主演。13年の「仮面ライダー鎧武/ガイム」で注目を集める。以降、『散歩する侵略者』(17:黒沢清監督)、『糸』(20:瀬々敬久監督)、『前田建設ファンタジー営業部』(20:英勉監督)などの映画のみならず、ドラマ・舞台と幅広く活躍。バラエティー番組「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ)にレギュラー出演など、演技以外にも活動の場を広げている。NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」、CX系「PICU 小児集中治療室」にも出演中。関水渚 女優 (ヒロイン・関口亜子役)1998年生まれ、神奈川県出身。2015年、「第40回ホリプロタレントスカウトキャラバン」のファイナリストに選ばれる。17年、「アクエリアス」の CM でデビュー。19年、映画『町田くんの世界』(石井裕也監督)のオーディションで1000人を超える中からヒロインに選ばれ、映画初主演を務め女優デビュー。以降、『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(20)、『コンフィデンスマンJP 英雄編』(22:いずれも田中亮監督)などの話題作に次々と出演。ドラマ「元彼の遺言状」(22:CX)も話題に。

イベント&サービス案内トップに戻る


  • 前のページに戻る
  • ページの先頭に戻る