THE VOICE|special interview:「映画にかける思い」映画業界に関わる著名人の方々に、さまざまな角度やテーマで映画にまつわるお話をしていただきます。/VOICE59 俳優 岩田剛典・女優 杉咲花

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなで作っていった印象がある。 いい物作りの現場だなと思っていました。(岩田)

―今回、「パーフェクトワールド 君といる奇跡」(10/5公開)で初めて共演したお互いの印象を教えてください。

パーフェクトワールド 君といる奇跡

杉咲:

岩田さんは常に優しくて、すごく気遣いをされる方でした。キャストやスタッフさんの誰とでも仲良くされていて、現場のペースや空気を見ながら、 みんなに疲れが出てくると楽しませてくださったり、話しかけられたりしていて。 だから、女性だけではなく、男性スタッフも岩田さんのことが大好きで、岩田さんが現場にいないと、みんなちょっと寂しそうでした。それぐらい、大きな存在でしたね。

岩田:

嘘です(笑)。

杉咲:

嘘じゃないです(笑)。

岩田:

でも、花ちゃんも夜遅くまでかかったロケの撮影の時などは、お菓子をいっぱい持ってきて、配っていたよね。 あれは、男性スタッフは特に嬉しいよ(笑)。花ちゃんが「チョコにしますか? 飴にしますか?」って言いながら、直接手渡してくれるんだから。 俺には出来ないと思ったけれど(笑)、花ちゃんのそういう気遣いのおかげで、現場がいい雰囲気になっていったと思うし、チームワークもどんどんよくなっていったよね。

杉咲:

岩田さんも差し入れをいっぱいしてくれましたよね。焼肉ロールやかき氷、カフェカーにクレープ屋さんの差し入れが次々にあって、とにかくスゴかった。みんな大喜びで、列ができていました。

岩田:

暑い時期の撮影だったから、ドリンクなどの冷たいものは喜んでもらえたような気がするな。

―柴山健次監督(「流れ星が消えないうちに」)からはどんな指示がありましたか?

杉咲:

そうですね。つぐみは社会人ですけど、撮影時の私はまだ10代で、ただでさえ童顔で子供っぽく見られるので、大人っぽく見せなきゃと思って、そこに徹していたんです。 でも、監督から「それだと、冷めた女の子に見えるから、もっと無邪気でいいよ」とアドバイスをいただきました。その言葉をすごく覚えていますね。

岩田:

監督は役者が考えてきたものを切り取りたい方だったので、正直、具体的なことは何も言われなかったです。どちらかと言うと、現場で監督や花ちゃん、 スタッフさんとディスカッションしながら、みんなで作っていった印象があって。僕はいい物作りの現場だなと思っていました。

自分の気持ちを抑えられないつぐみが、私は好きでした。(杉咲)

―撮影でいちばん印象に残っているエピソードを教えてください。

パーフェクトワールド 君といる奇跡

岩田:

杉咲さん扮するつぐみが電車のホームから落ちてしまって、僕の演じた車イスに乗った樹が助けられないシーンですね。あれは原作のコミックにもあるんですけど、とても実写化し甲斐があるところで、胸がグッと苦しくなる瞬間だと思うんですよ。この作品の“障がい”というテーマが、言葉ではなく、あのシーンだけで伝わるじゃないですか。僕も喉が枯れるんじゃないかと思ったぐらい、叫び続けました(笑)。

―実際のホームと電車を使って撮影したんですよね?

岩田:

そうです。ただ、終電が終わった後に撮影したんですけど、電車を動かすことができる時間帯が決まっていて。数時間しか狙えない状況であのシーンを撮影しましたね。

―杉咲さんが印象に残っている撮影は?

杉咲:

私は、つぐみが病室で樹先輩の絵を手伝う、夜から朝になっていくシーンがすごく印象に残っています。あのシーンは長回しで、照明さんが少しずつ光を変えながら撮ったんですよ。

岩田:

全然カットがかからないなと思っていた(笑)。

杉咲:

ずっと寝てましたよね(笑)。

岩田:

そのまま本当に寝そうだったから、すごく記憶に残っています。

杉咲:

でも、あの後、つぐみが寝ている先輩の手を握るシーンもあって、叶わない恋と分かっていながら、自分の想いをどうしても抑えられなくて、衝動的にそういう行動に出てしまうつぐみが私は好きでしたね。

Profile

岩田剛典 >>鮎川樹役 
1989年生まれ、愛知県出身。EXILE、三代目J Soul Brothersのメンバー。俳優としても活躍しており、映画の出演作に「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」(16)、「去年の冬、きみと別れ」(18)、「Vision」(18)などがある。 杉咲花
>>川奈つぐみ役 1997年生まれ、東京都出身。ドラマ「夜行観覧車」(13)で注目される。16年の「湯を沸かすほど熱い愛」で数多くの映画賞を受賞。ほか出演作に「無限の住人」(17)、「BLEACH」(18)など。19年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」に出演する。
撮影=河内彩 取材・文=イソガイマサト スタイリング=jumbo(speedwheels/岩田)、梅山 弘子(KiKi/杉咲) ヘアメイク=下川真矢(岩田)、奥平正芳(杉咲)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イベント&サービス案内トップに戻る


  • 前のページに戻る
  • ページの先頭に戻る